バイコディンとは?逮捕されたタイガーウッズが処方されていた薬を徹底解説

Pocket

先日、男子ゴルフで元世界ランキング1位のタイガーウッズ選手が、飲酒、または薬物を使用したまま運転してとして逮捕されました。

当時運転席で眠った状態で発見され、話すのも非常に遅く、混乱している状態だったそうです。

今回の事件に対してタイガーウッズ選手は、「アルコールではなく処方箋の副作用が原因だった」と言っていました。

逮捕当時の呼気検査でも陰性だったことが判明しましたが、地元の報道メディアは「呼気検査を拒否した」などと報道されており、酒気帯び運転が疑われていたようです。

実際、呼気検査でアルコールが検出しなかったので、原因は本人の供述通り

「処方箋」による副作用だと考えられます。

現在判明しているのは「バイコディン」という薬。

この事件の原因となったバイコディンとはどのような薬で、またどのような副作用が起こりうるのでしょうか?

効果や副作用についてまとめてみました。

バイコディンとは?

バイコディンとは、アメリカで流通している強力な鎮痛剤です。

ヒドロコドンと、アセトアミノフェンという二つの鎮痛剤が配合されている薬で、

強力なため日本では処方されていません。

ヒドロコドンとは、アヘン系の物質なので使用するとハイになれるため麻薬に似た薬物だとされています。

何のための薬?

バイコディンは鎮痛剤なので、さまざまな症状の痛み止めとして処方されます。

骨や関節、筋肉などの強い痛みを止めるために処方されたり、

歯医者でもよくつかわれるそうです。

副作用は?

バイコディンは鎮痛効果のかなり高い薬物なので、人によっては副作用も大きいようです。

主な副作用としては、

下痢

嘔吐

発熱

などがあります。

依存性は?

バイコディンに依存性はあるのでしょうか?

結論から言うと強い依存性があります。

アメリカでは麻薬として違法でバイコディンが出回っていて多くの依存症の方がいるそうです。

バイコディンにと聞いて、アメリカのドラマ「ドクターハウス」を思い浮かべた人も多いのではないでしょうか?

ドクターハウスは、バイコディン依存症の医師のドラマです。

知っている方はこの黄色い瓶に見覚えがあるでしょう。

当たり前ですが、ドラマ内で食べていたのはただのラムネらしいです(笑)



タイガーウッズ選手にあらわれた症状

なぜバイコディンを使用していたのか

タイガーウッズ選手は、4月に足と腰の手術をしており、

その痛み止めとしてバイコディンが処方されていました。

かなりつらい痛みに苦しまれていたようで

この薬を使っていたみたいです。

バイコディンによってあらわれた症状

逮捕当時、タイガーウッズ選手は

目がうつろで

話が遅く不明瞭

意識が朦朧とした状態

だったと言います。

これだけでは、バイコディンの副作用かどうか断定できませんが、

他にも計4種類の処方箋をもらっていたそうで

それらとの飲み合わせや、使い方によっては

バイコディンからこのような症状が出たとも考えられます。

終わりに

薬物は使い方次第で

いいものにも、悪いものにもなります。

今回の事件のように、自分の体のために使用していたはずの薬が

逆に自分や他人を苦しめる結果になることもあります。

最近、芸能人が薬物乱用で逮捕される事件も多いですよね。

田中聖大麻所持で逮捕http://comaco1.com/2017/05/25/post-866/

違法薬物を濫用することはもちろん、合法の処方箋も医師の指示通りに使用しなければ

それは濫用です。

今後このような事件を起こさないために、ひとりひとりが薬を正しく使えることが大切になるでしょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする