もうやりたくない!料理が大嫌いで仕方ないあなたにおすすめしたい包丁3選

Pocket

料理ができる人ってかっこいいですよね!

1人暮らしをはじめるにあたって、節約のためにも料理を始める人は多いと思います。

しかし、この世には料理が苦手な人だっているんですよ。

よーし、これから自炊するぞ!、と意気込んでは見たものの、なかなかうまくいかない・・・・・

今日はもうコンビニ弁当でいいかな~?

友達呼んで外食しちゃおう!

なんて、毎日料理から逃げてしまっていませんか?

でも、頑張ってもうまくいかないんだよ!!

料理ってなんでこんなめんどくさいの!

今日はそんなあなたにこそ、考えてほしい、包丁についてお話します。

それでも、料理はした方がいい

美味しい料理が作りたいって思ってるのに、なかなかうまくいかない・・・。

やるぞ!って決めても毎日続かない・・・。

こんなことばかり思っていると、どんどん料理がニガテになってしまいます。

こうやって負のスパイラルに陥ってしまうと、

「もう料理なんてできなくてもよくない?」

「今はコンビニにいけばご飯が買えるのに、作る意味なくない?」

そんな最悪の思考にたどりついてしまいますよ!!

ということで、包丁を紹介する前に、ここで料理をするとどんないいことがあるのか、再確認してみましょう。

料理をするといいことがあるということを知っているか知っていないかで、かなりモチベーションがかわってくるとおもうんですよ。

こちらのページにまとめてみました↓↓↓

何事もそうですが、モチベーションの維持は大切です。

「よし、一回でもいいから、がんばって料理してみよう!」

そう思えたあなたは、次の項目へ進んでいきましょう!

 切れない包丁はストレスでしかない

料理の何が大変か

料理の何が大変か。

料理初心者や、料理がニガテな私たちが「大変だ!」と感じるのって、「切る工程」と「焼く工程」、そして「味付け」だと思うんですよ。

つまり、いつもどういう状況なのかと言いますと、

「全然上手に切れないよーーー!!!!」

「焦げちゃうか生焼けだよーーー!!!」

「味がおかしいよーーーーーーーーー!!!!」

という感じなわけですよ。

・・・要は全部ということなんですけどね(苦笑)

実はこれらのことって、とても簡単に改善できるんです。

それは、道具を変えることにあると私は考えます。

切れる包丁を使ったことがありますか?

たとえば、刃がガタガタの包丁でいくら自分が頑張っても、切れないものは、きれないですよね。

料理が苦手だと感じているあなたは、今まで一度でも「切れる包丁」を使ったことがあるでしょうか?

といっても、今自分が使ってる包丁が切れるのか、切れないのかわからない場合もあるかもしれません。

もし、それなりの値段のいい包丁を使っているのなら、手入れさえしっかりすれば食材を切るのは楽にできるはずです。

もし、今、切るのが下手だと感じていても、努力次第で上手に速く切れるようになります。

でも、切れ味の悪い包丁を使っている人って結構多いと思うんですよ。

今は百円ショップでも包丁が手に入りますからね。

それに、包丁はいいものなのに、手入れができていないということもよくあります。

切れないってイライラするんですよ。

余計なストレスになってしまうんですね。

切れなければ力を入れないといけないので腕は疲れますし、変な力の入れ方をすれば怪我につながりたいへん危ないです。

全然切れないのに、腕は疲れる・・・・。

そんな状態では、料理が嫌いになるのも当然です。

心当たりのある人は、すぐにでも新しい包丁が欲しくなったんじゃないですか?

では、どんな包丁を買ったらいいんでしょうか?

一本で万能!三徳包丁がおすすめ!

そこで今回おすすめしたいのは、

「三徳包丁」

という種類の包丁です。

包丁にはいろいろな種類があり、扱う食材によって包丁を変えるんです。

野菜を切るための菜切包丁

魚をさばくための出刃包丁

肉などを切る牛刀

などがあります。

料理人は、いろいろな包丁を持っていて用途によって使い分けます。食材にあった包丁を使うことで、より効率よく、そして美しく切ることができるわけです。

しかし、料理初心者が家庭でそこまでするのは難しいですよね。

そこで、この「三徳包丁」が便利なんです!!

三徳包丁は、肉、魚、野菜のすべてが切れるように作られた家庭用包丁です。

とりあえず、切れる包丁がほしい!

どんな包丁がいいかわからない!

っていうか包丁を持ってない!

という人は、三徳包丁を購入しましょう。

おすすめの三徳包丁3選

三徳包丁といってもいろいろあります。

メーカーだったり、素材だったり、選ぶ要素はたくさんあるのですが、今回はこれを買っておけば間違いない!というものだけを厳選しまとめました。

この機会にあたらしい包丁を買って、すこしでも、料理のストレスを減らしませんか???

 下村工業 ヴェルダン 三徳庖丁 165mm OVD-11

コスパ最強と言ったらこれです!

なんといっても、1980円という手の出しやすいお値段が魅力的ですね。

もちろん、家庭料理としては十分すぎるほどの切れ味です。

素材がステンレスなので、手入れがしやすいというのも魅力の一つですね。

いいものがほしい、でも、あまりお金が出せない・・・。そんなあなたには、ぜひこちらをおすすめしますよ。

 藤次郎 プロ DPコバルト合金鋼割込 三徳 170mm F-895

藤次郎は世界でも愛されているブランドです。

その切れ味はさることながら、藤次郎特有の合金を使っているため耐久性がとてもいいんですね。

ステンレス製なのでお手入れもしやすく、ずっと使っていける包丁となるでしょう。

お値段は5600円と初心者の方には少し高く感じられるかも入れませんが、信頼できる一品ですよ。

貝印 関孫六 ダマスカス 三徳包丁 165mm AE-5200

貝印の関孫六というと聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

そのなかでもこの「ダマスカス」シリーズは上位の品です。

切れ味、耐久性、手入れのしやすさ、三拍子すべてそろった優れもの。

お値段は少し高めの7499円。

とても頑丈で、家庭でも使いやすい包丁です。

そして、見た目もシャープでかっこいいですよね!かっこいい包丁を買うと、それだけで料理のモチベーションも上がります。

値段を気にしないのなら、こちらはかなりおすすめできます。

はじめは誰でも失敗するもの

まずは、料理が苦手なのにもかかわらず、ここまで読んでいただいてありがとうございました。

いかがでしたか?

包丁をかえれば、つらい料理も本当にらくちんになりますよ。

この記事を読んで、ほんの少しでも、料理に取り組もうと思ってもらえれば幸いです。

そして少しでも多くの人が、ストレスなく料理を行えればと思います。

誰でも最初は失敗するものです。

辛いのはわかりますが、せっかくがんばろうという気があるのに、あきらめてしまってはもったいないです。

そんなときは、自分責めたり投げ出したりするのではなく、素直にツール(道具)に頼るのです。

ぜひ、新しい包丁を購入し、料理に取り組んでみてください!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする