今日Mステに登場した声優ユニットどうぶつビスケッツ×PPPって誰なの?

Pocket

「へーきへーき、フレンズによって得意なこと違うから。」

4月14日 Мステに声優ユニットが登場しました!

大人気音楽番組であるミュージックステーション(Мステ)に、声優ユニットが登場しました。

しかしながら、世間では「誰?」という声も聞こえてきます?

今日登場した声優さんは誰?なんのアニメの声優さん?

といった疑問にお答えします!

声優ユニット どうぶつビスケッツ×PPP

今日Мステに出演した声優さんは、「どうぶつビスケッツ×PPP」というユニットで、アニメ「けものフレンズ」のOPである「ようこそじゃパリパークへ」を披露しました。

どうぶつビスケッツ、PPPとは、アニメ「けものフレンズ」に登場するキャラクターの声優さんによって構成されるユニットです。

中にはこのアニメがデビュー作という新人声優さんもいて、本人やファンも、期待と不安でいっぱいだと語っています。

どうぶつビスケッツ

サーバル役:尾崎由香(23歳)

アライグマ役:小野早稀(26歳)

フェネック役:本宮佳奈

 PPP

イワトビペンギン役:相羽あいな

フンボルトペンギン役:築田行子

ロイヤルペンギン役:佐々木未来(26歳)

コウテイペンギン役:根本流風(19歳)

ジェンツーペンギン役:田村響華

けものフレンズは大人気アニメ

けものフレンズは、テレビ東京などで放送された大人気アニメ。

放送当初は、あまり期待を感じられず、さほど人気ではなかったようです。

しかし、2話、3話と放送を重ねていくうちに、その魅力に気づくものが増え、一世を風靡する作品となりました。

Twitterやニコニコ動画を中心として放送終了後の現在もとても話題になっています。

さて、そんなけものフレンズ、なんでこんなに人気なのでしょう?

けものフレンズはなぜ人気?

アーティストにとって、Мステに出られるというのはとても名誉なことだと思います。

動物ビスケッツやPPPは、新人声優もいるのにもかかわらず、それほどまでの人気を獲得し、本当に驚きですね。

けものフレンズは、なぜそこまでの人気を獲得することができたのでしょう?

アニメけものフレンズあらすじ

この世界のどこかにつくられた超巨大総合動物園「ジャパリパーク」。

ある日の現象をきっかけに、動物達は次々と「アニマルガール」へと変身。

「セルリアン」と「サンドスター」――そのふたつの不思議な現象を調べる間にもアニマルガールの仲間は続々と増えていき、ジャパリパークの新たな主として、にぎやかに暮らしはじめたのでした。

ヒトの姿をしたキュートな<アニマルガール>

サーバルやキタキツネ、コアラやライオン、トキやハクトウワシ、コウテイペンギンやシロナガスクジラなど、おなじみの動物から珍しい動物まで多種多様!

超巨大総合動物園<ジャパリパーク>

海底噴火で誕生した島をまるごと敷地とし、世界中の動物を集めることを目的に造られた巨大施設。

一般公開用の動物遊園地「ジャパリパーク」と、研究・飼育を行う動物管理区域「ジャパリパーク・サファリ」二つのエリアで構成されています。

けものフレンズプロジェクト公式サイトより

謎の多い世界観

けものフレンズは、たくさんの動物たちが登場し、ほのぼのとした内容かと思いきや、実話多くの謎に包まれているのです。

人類が絶滅した世界

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする