【A型?B 型?】インフルエンザの種類による違いを徹底解説 その1【2017】

Pocket

毎年冬になると流行が心配されるインフルエンザ。

もう予防接種は済ませましたか?

インフルエンザには様々な種類があり、その年の流行に合わせて予防接種をしますよね。

「A型の予防接種をしたのにB型にかかってしまった!」

なんて話もよく耳にします。

インフルエンザは種類によっては動物にも感染するので、鳥インフルエンザ、豚インフルエンザなんて言葉は有名ですね。

鳥インフルエンザの流行により、野鳥に近づくことが禁じられている地区もあります。

さて、このようにインフルエンザには多くの種類があり、それによって症状や特徴も変わってくるわけですが、もっともメジャーなA型以外はよく知らないという方もおおいのではないでしょうか。

あなたは、インフルエンザについてきちんと理解できていますか?

今回は、インフルエンザにどのような種類があるのか、また、それぞれの特徴などを簡単に解説していきます。

インフルエンザについて理解を深め、万全な対策ができるようにしましょう。

【インフルエンザウィルスの型】

インフルエンザは、インフルエンザウィルスに感染することで発症します。

インフルエンザウィルスはA型、B型、C型の三種類があり毎年流行し話題に上がるのは主にA型インフルエンザのことです。

B型インフルエンザは毎年のように季節性の流行はなくだいたい一年おきに流行するとされていましたが、近年では毎年流行が見られています。

C型インフルエンザというのはあまり聞きなれないかもしれません。主に子供がかかることが多く、大人が感染することは少ないようです。

~A型インフルエンザ~

[おもな症状]

A型インフルエンザの主な症状は、発熱、悪寒、全身症状です。

また、感染すると急速に症状が現れることもA型インフルエンザの特徴です。

いっきにウィルスが増殖するため、潜伏して一日後には38℃~40℃を超える高熱が出て、寒気がとまらなくります。

そして、抗体がウィルスと激しく戦うため、ひどい筋肉痛や関節痛などの全身症状が現れます。

流行している時期にこのような症状が出たら、インフルエンザと思って間違いないでしょう。

それ以外にも、咳、くしゃみ、鼻水、胃腸の症状なども現れます。

[ウィルスの特徴]

A型インフルエンザの特徴は、なんといってもその感染力と変異の大きさにあるでしょう。

H1N1型という言葉を聞いたことはありますか?

これは変異したA型インフルエンザの名前のひとつです。

インフルエンザの表面にはヘマグルチニン(HA)とノイラミニダーゼ(NA)という二種類の突起(細胞表面抗原)があり、A型インフルエンザではヘマグルチニンが16種類、ノイラミニダーゼが9種類発見されています。

ヘマグルチニンとノイラミニダーゼの組み合わせがインフルエンザの名前になります。

つまりH1N1とは、ヘマグルチニン(H)1番と、ノイラミニダーゼ(N)1番の組み合わせでできているという意味になります。

この組み合わせが違えば型が違うということになります。型が違えばせっかく作られた免疫も効かないということにもなります。

A型インフルエンザは変異がとても激しく、現在確認されているだけでもH16×N9=144種類もの型があります。

鳥インフルエンザ、豚インフルエンザと呼ばれているものもA型の種類のひとつです。

つまり、いつどこで新しい型が生まれるかわからないのです。もしなんの対策もできていない新しい型のウィルスが流行したらとかんがえると、その恐ろしさがわかると思います。

[感染予防や治療方法は?]

A型インフルエンザは季節性で、主に12月~2月に流行します。

A型インフルエンザはとても感染力が高いので、流行の時期にはしっかりと予防をしましょう。マスクをしたり手洗いを徹底するだけでもかなり効果があります。

また、インフルエンザウィルスは湿度40~60の中では増殖が抑えられます。冬場は空気が乾燥しやすいので、部屋の中を加湿してウィルスを増やさないようにしましょう。

もし流行時に高熱、全身の痛みの症状が出た場合はインフルエンザである可能性が高いです。すぐに病院を受診し、検査を受けましょう。

インフルエンザだった場合、タミフルやリレンザなどの抗インフルエンザ薬で治療します。飲み始めるとすぐに症状は緩和しますが、完全にウィルスがなくなったわけではありません。インフルエンザが完治するには5日~7日かかると言われています。処方された薬は必ず飲み切りましょう。

また、アスピリンなど市販薬を飲むとインフルエンザ脳症などの合併症を引き起こすことがあります。市販薬を飲む場合は医師や薬剤師と相談するようにしましょう。

↓↓↓つづきはこちらをクリック↓↓↓

>>【A型?B 型?】インフルエンザの種類による違いを徹底解説 その2【2017】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする